バンコクからバスに乗って→→「ピマ-イ歴史公園」

この記事は約2分で読めます。

*タイ バンコクのバスセンタ-から一般バスで 「ピマ-イ歴史公園」に往く の巻*

今回は、余り有名では無いので、外人観光客は余り訪れない、ひなびた遺跡群の公園の訪問です。

バンコクのアパ-トで暇を持て余していたので、ちょつと刺激を求めて、当てのないバス旅行でもしてみようと、バスセンタ-に走る。何気なく乗って向かったのが「ナコ-ンラ-チャシ-マ」の近くの「ピマ-イ歴史公園」

アンコ-ルワットほどはデカクないけど、こじんまりした遺跡群である。アンコ-ルワットのモデルになったということは、アンコ-ルワットより更に古いということか?

予備知識も下調べもせずに、気分で赴いた遺跡公園の訪問。こんないいかげんな旅行客では、遺跡も迷惑がっていたことと思うのだが、一人くらいはそんな観光客もいてもいいかな?

AIに依る、「ピマーイ歴史公園」の説明
ピマーイ歴史公園は、タイ・ナコーンラーチャシーマー県にあるクメール遺跡が残る公園です。カンボジアのアンコールワット遺跡のモデルになったとも言われています。
ピマーイ遺跡は、アンコールへとつながるクメール古道の重要な終着点の一つで、アンコール遺跡北西260kmに位置しています。
ブリラム県のパノムルン神殿、ムアンタム遺跡から車で約2時間、バンコクからは車で約4時間です。
**********
 今回も、ストリ-トビュをリンクしておきます。360度のパノラマ写真を鑑賞ください。